カメラマンの覚え書き
個人的な撮影技術の公開
RSS1.0
格安デフューズストロボ
拡大する
私は滅多にストロボを使用しないが、
レフ板では調整できない配光を要求される場合もある。
そこで登場するのがこのデフューズストロボだ。

まずグリップストロボを三脚に固定し、
かさキャッチで半透明の傘も三脚に固定する。
夜の撮影なのでW12相当の色温度変更フィルターを装着。

半透明の傘は105円、ダイソーで売っている。
それ以外で見かけるのは唯一デイリーヤマザキだが、
こちらは500円くらいしたと思う。

市販されているストロボ用のアンブレラは反射式ばかりだ。
近頃なぜかデフューズアンブレラを見かけない。
その理由として考えられることはおそらく光漏れだろう。

デフューズアンブレラを使う場合、
セッティングが悪いとアンブレラの外から光が漏れるので、
アンブレラとストロボの距離や照射角に注意する必要がある。

アンブレラレフよりもデフューズアンブレラのほうが、
ライトデュスクをより被写体に寄せることが出来るので、
距離が近ければデフューズ効果はかなり高い。

因みに突然の悪天候時には傘として使える。
これはアンブレラレフも同じだが、
105円の傘には持ち手が付いているので使いやすい。

またストロボについてもグリップストロボで充分である。
モノブロックストロボのほうが良いと思っている人は多いが、
100~200wsのモノブロックストロボでもGNは40程度である。

しかもスタジオ等で持込機材の為にコンセントを使用すると、
電力使用料を請求されるケースもあり、
乾電池で動くグリップストロボは何かと便利だ。

グリップストロボは既に生産終了しているようだが、
中古が3,000円程度でまだまだ狙えるだろう。
35mm相当でGN40程度ならクリップオンストロボでも良い。

前置きが長くなったが簡単に作例を紹介しよう。
まずはストロボ無しの状態。
拡大する
この状況ではどう頑張ってもこれが限界である。

次にデフューズ無し(ポン炊き)の直接光を照射。
拡大する
ストロボの発光量を減らしても良かったのだが、
それにしても影がきつく不自然である。

そして下写真がデフューズストロボ光。
拡大する
影が柔らかく自然な感じで、
直接光よりも遠くまで均一に光が廻る。
鳴尾橋
拡大する
Nikon D80
2007/11/08 21:13:07.3
レンズ: 17-35mm F/2.8-4 D
焦点距離: 17mm
露出モード: マニュアル
測光モード: スポット測光
30 秒 - F/4
露出補正: 0 EV
感度: ISO 100
仕上がり設定: より鮮やかに
ホワイトバランス: 電球 +3
その他: HGP-3LG + PH-G4 使用
ロケ地: 西宮市 薬業鳴尾浜スポーツセンター裏
泉大津パーキングエリア
拡大する
Nikon D80
2007/11/08 20:15:58.6
レンズ: 17-35mm F/2.8-4 D
焦点距離: 17mm
露出モード: マニュアル
測光モード: スポット測光
30 秒 - F/4
露出補正: 0 EV
感度: ISO 100
仕上がり設定: より鮮やかに
ホワイトバランス: 電球
その他: HGP-3LG + PH-G4 使用
ロケ地: 大阪府泉大津市 阪神高速4号湾岸線 泉大津PA 11F 
掲載写真の著作権はカメラマンの覚え書きに帰属します。
---- 撮影のご依頼 承ります -----
大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・その他の地域もご相談に応じます。
右カラム下部の MAIL FORM よりご連絡ください。