FC2ブログ
カメラマンの覚え書き
個人的な撮影技術の公開
RSS1.0
星空
拡大する
機種 : FinePixS1Pro
レンズ : AiAfZoomNikkor35-70mmF2.8
露出制御モード : マニュアル設定
ISO感度 : 1600
オリジナル撮影日時 : 2004:12:29 00:09:45
シャッタースピード : 16.00秒
レンズ絞り値 : F2.8
対象物の明るさ : EV-10.0
露光補正量 : EV0.0
自動露出測光モード : 中央重点測光
フラッシュ : オフ
レンズの焦点距離 : 35.00(mm)
その他 : 三脚使用 HAKUBA HG-421
ロケ地 : 神戸市灘区 摩耶山
林の向こうに見える星を撮影。
言うまでも無く非常に暗い。
暗いからこそ星が写るわけだ。
街中でも年末年始は星が綺麗に見えることが多い。
工場等が休みに入るからではないかと思う。
言うまでも無く寒い。
車でロケする場合はチェーン等も持って行こう。

ニッケル水素電池は寒さに弱いので、
シャッターを切るごとに電池を出し暖めてから使う。
逆にCCDは温度が低いほどノイズが低減されるので、
ボディーは電源を切って冷やしてから使う。
少しでもブレを防ぐ為、三脚の脚は伸ばさない。

感度を下げてもっと長く開けば星の軌跡が流れるように撮れる。
(動いているのは星ではなくこちらのほうである)
撮る方角や焦点距離にもよるが、
この場合30秒を超えると流れ出す。
今回は星を止めたかったので16秒に設定。
コメント
この記事へのコメント
すてきですね。
まるで、歌が聞こえてきそうな、星空です。
樹木のシルエットが碧い星空にくっきりと
うかんで……。
ドイツの黒の森というか、少しの樹木の影
なのに、なにか物語性を感じました。
2005/07/13
(水) 09:36:23 | URL | ベンテン #-[ 編集]
いらっしゃいませ
星空を眺めていると宇宙の神秘性を感じますが、
この時は正直言うと寒くて早く帰りたい一心でした。
歌と物語、どちらも素敵ですね。
ベンテンさんの豊かな想像力に感謝します。
2005/07/13
(水) 11:49:50 | URL | ヨネちゃん #IFdljVkg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
掲載写真の著作権はカメラマンの覚え書きに帰属します。
---- 撮影のご依頼 承ります -----
大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・その他の地域もご相談に応じます。
右カラム下部の MAIL FORM よりご連絡ください。