カメラマンの覚え書き
個人的な撮影技術の公開
RSS1.0
デカンショ祭り
拡大する
Nikon D80
2007/08/16 20:26:59.1
レンズ: 12-24mm F/4 G
焦点距離: 18mm
露出モード: マニュアル
測光モード: スポット測光
10.40+8.50+11.50 秒 - F/16
露出補正: 0 EV
感度: ISO 100
仕上がり設定: 標準
ホワイトバランス: 電球
その他: 三脚HG-421/レリーズ使用
ロケ地 : 篠山市北新町 篠山城跡三の丸広場
神戸や芦屋の大きな花火大会も良いが、
田舎のこじんまりした花火も良いだろう。
もちろん花火より祭りがメインだ。

デカンショ祭りには初めて行ったのだが、
信じられないほど大勢の家族連れで賑わっていた。
中でも櫓が最新式?の金属製だったのに驚いた。

照明設備も半端ではない。
会場全体も非常に明るいので、
ゴーストにもことごとく悩まされた。

特に煌々と照らされた櫓は明るく、
非常に飛びやすいので、
F値をなるべく高くしてシャープに仕上げる。

またなるべく花火の開いている間だけ露出するようにし、
櫓の露出を抑えながら撮影する。
結果的に3回の多重露光となった。

写真には写っていないが、
目の前では沢山の人々が踊ってる。
彼等には申し訳ないが長時間露光によって消えてもらった。

予断ではあるが、
花火の右下にある光跡は自光式のアドバルーンである。
久しぶりに見る懐かしい物体であった。
コメント
この記事へのコメント
難しそうな場面ですね。
10.40+8.50+11.50 秒とあるのは「コンポジット」ですか?
2007/08/28
(火) 11:42:42 | URL | めだか猫 #grGQ8zlQ[ 編集]
コンポジットです
3回に分けて露光を行い、コンポジット(合成)しています。
それでも櫓はオーバーに…
まだまだ修行が足りませぬ。
2007/08/28
(火) 13:30:21 | URL | ヨネちゃん #IFdljVkg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
シグマ 30mm F1.4 EX DC HSM キヤノン用(
某人気写真サイトの方が勧めていたので買ってしまいました。人物を写したとき背景がいい感じにぼけて写るし、明るくてなかなかいいレンズだと思います。ダカフェ日記の森さんのお勧めでコチラに決めました^^暗い室内でも明るく撮れてボケも綺麗です「EOSKissデジタルN」に
2007/08/21(火) 15:25:16 | カメラの感動
掲載写真の著作権はカメラマンの覚え書きに帰属します。
---- 撮影のご依頼 承ります -----
大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・その他の地域もご相談に応じます。
右カラム下部の MAIL FORM よりご連絡ください。