カメラマンの覚え書き
個人的な撮影技術の公開
RSS1.0
月食
拡大する
Nikon D80
2007/08/28 21:09:14.2
レンズ: 200-400mm F/5.6 D + テレコンバーター3×使用
焦点距離: 400mm×3
露出モード: マニュアル
測光モード: 中央部重点測光
1/15 秒 - F/6×3
露出補正: 0 EV
感度: ISO 100
仕上がり設定: 鮮やかに
ホワイトバランス: 晴天 +3
その他: 三脚HG-421 / レリーズ使用
撮影後赤色の成分をモノクロ化
今日(昨日)は皆既月食であった。
6年7ヶ月ぶりに全国で見られるとあって、
さぞ多くの人が空を眺めたのではないだろうか。

しかし皆既月食は非常に暗いので、
撮影することはとても困難であるため、
雲の切れ間から覗いた部分月食を撮影することにした。

生憎曇天で困難を極めたが、
良い時刻に一瞬顔を出し何とか撮影することが出来た。
通常の欠け方とは明らかに違う月の形が面白い。
コメント
この記事へのコメント
月蝕
 お久しぶりです!

 ちゃんと、この様になっていたんですね。僕の所は雲に覆われていて狙えませんでした。昨日まで長い間、晴れが続いていたのですが…。

 400×3×1.5で、この大きさで写るんですね。やっぱり遠いなぁ、という感じがします。
2007/08/29
(水) 06:29:50 | URL | みゆきひろし #Ip/fgraw[ 編集]
こんにちは
おひさしぶりです。
ホントに、普通の欠け方とは違いますね。
キレイです!
僕の地域も厚い雲に覆われて、全く見えませんでした・・・。次回こそは挑戦したいなぁ

2007/08/29
(水) 09:31:18 | URL | slopill #-[ 編集]
コメントありがとう御座います
みゆきひろしさんへ
皆既月食後の真っ赤な月は見えたのですが、
その後は殆ど見えなくて、
本当にこの1分間くらい雲の切れ間から見えました。
確かに遠いのですが、
それでも天体の中ではかなり近い部類ですので、
星の中では非常に観察しやすいと思いますよ。

slopillさんへ
お久しぶりです。
次回は3年後の12月でしょうか。
天気が良ければかなり綺麗に見えるはず。
私も次回が待ち遠しいです。
2007/08/29
(水) 12:41:26 | URL | ヨネちゃん #IFdljVkg[ 編集]
1200mm!
流石に大きく撮れますね。
この領域だとブレ対策も大変でしょうが、クリアーです。
今回の月食は、皆さん天候に泣かされたようです。こちらも少しの間だけ見られたのですが、それでも幸運な方だとblog仲間の話で判りました。
2007/08/30
(木) 22:01:51 | URL | kazu #iuv0anTA[ 編集]
ブレ対策
そうですね、ブレ対策は重要です。
さすがに目の付け処が違いますね。

私の場合なるべくスローシャッターで撮ります。
1200mmで1000万画素の場合、
月の直径は約1830pixです。
太陽や月はその直径を約2分で移動しますので、
120秒÷1830=1/15.25秒 となり、
1/15秒あたりが物理的な限界となるわけです。

そして望遠レンズの三脚座は使わず、
カメラを三脚に固定します。
試すと分かると思いますが、
シャッターぶれは大抵このほうが少なくなります。

あとはRGBでそれぞれピントの位置が違いますので、
RかGのどちらかピントの良いほうを選んで現像します。

本文で説明するべきだったかと少し反省してますが、
こんなに極度な撮影に興味のある方は、
まずいないと高を括っていましたので、
正直かなり驚いてます。
2007/08/30
(木) 23:05:40 | URL | ヨネちゃん #IFdljVkg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
掲載写真の著作権はカメラマンの覚え書きに帰属します。
---- 撮影のご依頼 承ります -----
大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・その他の地域もご相談に応じます。
右カラム下部の MAIL FORM よりご連絡ください。