FC2ブログ
カメラマンの覚え書き
個人的な撮影技術の公開
RSS1.0
星降る夜
拡大する
機種 : FinePixS2Pro
レンズ : AiAfZoomNikkor24-50mmF3.3-4.5
露出制御モード : マニュアル設定
ISO感度 : 200
オリジナル撮影日時 : 2005:10:28 01:31:07
シャッタースピード : 362.04秒
レンズ絞り値 : F3.4
対象物の明るさ : EV-8.5
露光補正量 : EV0.0
自動露出測光モード : スポット測光
光源 : 不明
フラッシュ : オフ
レンズの焦点距離 : 24.00(mm)
その他 : 三脚HG-421 / レリーズ使用
ロケ地 : 阪南市 井関川
岬町に用事があったので、
兼ねてから撮りたかった星の撮影に挑む。
阪南から南の空を望めばそこそこ綺麗に星が見える。

S2Proは感度を上げるとノイズが酷い。
しかしISO400以下では極端にノイズが少なくなる。
これを活かして長時間露光を試みた。
肉眼では何も見えないほど暗い山奥へと川を上り、
レリーズケーブルによるバルブ撮影で6分間開く。
ここまでノイズが少ないとデジタルも良いものだ。
1回のチャージで撮影出来る枚数はわずかに10枚程度。
慎重にフレーミングとピント合わせを行う。
露光中は星空を楽しみながらカメラを放置するわけだが、
雲がフレームに入って来ないか注意しておく。
もし雲が流れてきたら、
多少アンダーになってもシャッターを閉じるほうが良いだろう。
この日は幸い4時頃まで快晴であった。
コメント
この記事へのコメント
おはようございます。
シャッタースピードに笑っちゃいました。
そこまで細かくマニュアルしたわけではないでしょう・・??
コンポジットって言いましたっけ重ね画像までやってますか?
あそこまでしようと思えば自動追尾が欲しくなりますしね・・
2005/10/29
(土) 07:59:31 | URL | 屋根の猫 #grGQ8zlQ[ 編集]
そうですね
このカメラはバルブ撮影の露光時間を、
なんと1/100秒単位でカウントするのです。
1秒単位でも充分なのですけどね。
正確さについてはおっしゃる通りで、
「5分くらいで良いや」と思っていましたまら、
62.04秒のオーバーですが、
プラスマイナス20%程度は許容範囲でしょう。

この写真はコンポジットしていません。
一概にコンポジットと言っても様々な種類があるのですが、
赤道儀等で自動追尾しないと不可能なものが多いです。
その場合、陸上の木等はブレてしまいますので、
個人的にはあまり好みではないのです。
費用も結構かかりますしね。
「誰でも出来る撮影法」を今後も紹介していく予定です。
2005/10/29
(土) 13:53:49 | URL | ヨネちゃん #IFdljVkg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
掲載写真の著作権はカメラマンの覚え書きに帰属します。
---- 撮影のご依頼 承ります -----
大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・その他の地域もご相談に応じます。
右カラム下部の MAIL FORM よりご連絡ください。